営業車両のラッピングする場合の特徴

営業車両は、さまざまな種類がありますが業種によっては車にラッピングを施しているものもあります。例えば、ウォーターサーバーを扱っている会社やお菓子などを販売している会社がこれにあたるでしょう。わざわざラッピングをする理由は、それにより売り上げが上昇するからです。例えば、商品を宣伝するときに立て看板などが置いてあることが多いですが、立て看板だとそこを通りかかった人しかその看板を見ることができません。

そのため、非常に立地が重要になります。ですが、営業車両にラッピングを施すことで立て看板と同じような役割を果たすことになるでしょう。つまり、動く立て看板として活躍することができるのが営業車両のラッピングになります。実際にラッピングをする場合には、それなりの費用もかかりますが、どのような種類を使っているかを知っておく必要があります。

基本的に現在よく使われているのはフィルム型になり、車にプリントするのではなく張り付けるタイプがほとんどです。車に張り付けるタイプの特徴は、プリントするよりもはるかに安く仕上げることができることでしょう。2000年より前は車にプリントをすることでフィルムを張るのと同じような効果を出していました。ですが、車に直接ペイントをしてしまう場合はもう一度元の状態に戻したいときにオールペイントをしなければならずかなりのお金がかかってしまいます。

また、ペイント自体もお金がかかるためメリットが少ないと言えるでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*